ファスティング中の「NGフード」
ファスティング中は食べ物(固形物)を取らず、デトックスするので、体内がキレイになると同時に、良いものも悪いものも全て吸収しやすい状態です。

ファスティングでより良い結果を出すために、以下の食品はNGです。
ファスティング後は、以下の食品を理解した上で、食べ方に気を付けていきましょう。

1.白砂糖
2.白米・白いパン・うどん
3.過酸化脂質・トランス脂肪酸(マーガリンやショートニング)
4.食品添加物
5.肉・魚(動物性たんぱく質)
6.生の植物の種(りんごの種よりも大きな種)

ファスティング中のNGフード「白砂糖」について、お話ししたいと思います。
白砂糖の原料は主に「サトウキビ」で、サトウキビそのものはビタミン・ミネラルが豊富に含まれていますが、精製化・製造する過程で、その大切なビタミンやミネラルは根こそぎ剥ぎ取られてしまい、酸性食品となってしまいます。

白砂糖の成分であるショ糖はぶどう糖と果糖がくっついてできています。
ぶどう糖と果糖それぞれ単独の場合は、身体にとって良い栄養となりますが、くっついていることで消化がしにくく、体内の消化酵素を大量に使用しなければならず、しかも多くの場合消化不良のまま血液中に入り込んでしまいます。

血液中に入ったショ糖はウイルスや悪玉菌のえさになり、胃にショ糖が残るとピロリ菌を増殖させ、腸内でも悪玉菌のえさになることから腸内環境を悪化させてしまうと言われています。

また砂糖はお肌を老化させると言われてますが、プロセスのひとつとして「糖化」があげられます。

糖化は若々しい肌のハリと弾力性を保っているコラーゲンとエラスチンの生成を低下させてしまうため、ファスティング中にかかわらず、日常的に食べ過ぎに注意しなければならない食品なのです。

少しでも砂糖を日々の食事から取り除くことは、どんな「魔法のナイトクリーム」を使用するよりも肌に良い影響を与えます。

スイーツ好きな私にとって、高血糖の原因となるとわかっていても、チョコレート、シュークリーム、チーズケーキはやめられないのが悩みの種です(>_<)

食べたい物を食べない我慢はストレスを引き起こすので、食べない選択肢では無く、食べ方に工夫が必要ですね(*^^*)

水溶性の食物繊維は糖の吸収を抑える働きがあるので、スイーツを食べる前に食物繊維を摂るのがおすすめです!

食物繊維はサプリメントでも、食べ物でしたらアボカド、オクラ、きのこ類、海藻類、こんにゃく、やまいも、ごぼう、納豆などがあります。
食物繊維たっぷりのお食事の後にスイーツをいただきましょう~!(^^)!

また、白砂糖の代替として、テンサイから作られた甜菜糖(ビート糖)、精製されていないキビ糖の黒砂糖、はちみつ等が良いと言われています。
癒しのコルギサロン_てんさい糖
煮物に砂糖は使わず、私は本みりんを使用してます(*^^*)

※みりん風調味料は「ブドウ糖果糖液糖」や「果糖ブドウ糖液糖」という甘味料が添加されていることが多いので、本みりんを使ってくださいね。

ファスティング中のNGフード白砂糖ですが、日常的にも減らすように気を付けてみてください。